【調査】北斗の拳 強敵 差枚数管理なのにハズレで枚数が戻らない件。

公開日:2015年9月7日
最終更新日:2016年5月8日

筐体
©サミー

どうも!さうな屋 です!
パチスロ 北斗の拳 強敵(サミー)の情報です。

このページでは、
2ch.scに書き込まれている
ユーザーの声をまとめています。

スポンサードリンク

北斗の拳 強敵

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/05(土)
23:19:07.45 ID:InwY2FpJ.net

ハズレで枚数戻らないなこれ
100枚開始で終わる時83枚

これはガチのクソ台ですわ

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/06(日)
00:00:04.92 ID:0DDeM8RQ.net

試打動画見て新基準機の割に上乗せするやん
と思ったら>>835か…
もはや差枚管理って何でもアリだな

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/06(日)
02:51:33.98 ID:vi+L8A/6.net

>>835
はいいいい???
吉宗であんだけ糞味噌言われたのに
未だにそんなことやってんのかよw

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/06(日)
08:49:47.05 ID:RdMdbMov.net

>>835
これのどこが差枚?
ほんとスロッターは皆バカだと思われてんだろうな。
こんなんバカだから気付かないよ、どうせ。
とか思ってんだよ。

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/06(日)
08:54:19.76 ID:ymaSD9JM.net

>>835
まさにサギー

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/06(日)
15:18:11.32 ID:ONfjK1Dy.net

>>835
これは良い事聞いた
1Gたりとも回すことはないだろう
情報ありがとう

※引用 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/slotk/1437751232

管理人の調査結果

導入前に問題発覚?
初めて見た時『まじかぁ~』と思いました・・・

ただ、
本当か嘘か分からないので、
サミータウンの試打キャンペーンに突撃して
調査してきました!

1


【調査結果①】

参考画像(サミータウン)
2

右下の枚数に注目!
100枚スタートにも関わらず、
消化中のハズレにより
LAST40枚+GET53枚=93枚になっている。

確かに、
ハズレで枚数が戻りませんでした。


【調査結果②】

参考画像(サミータウン)
4

5

最終獲得枚数に注目!
獲得枚数消化後に突入する継続バトルを消化する分、
枚数の増加が見込めた。


【個人的結論!】
本当だったけど、許せるかな(笑)
※継続バトルで枚数増加したので。

確認をサミータウンで行いましたので、
実機が同じ挙動をするのかは不明。
※サミータウンに不備がある可能性もあります。

でもこれって、
ハズレの分は継続バトルで調節できるから大丈夫でしょ!
って事になるのかな・・・・

それに、
獲得枚数が多いスタートになれば、
ハズレを引く確率も上がる訳なので、
損する事になるんじゃないかな??

これも、
継続バトルで調節できるから大丈夫でしょ!
って事になるのかな??

個人的には、
打ち手にプラスになるなら問題ないと思いますが、
気付かない所で損するのは嫌だなぁ・・・

スポンサードリンク

関連記事

タグ

トラックバック

    コメント

    1. 転生好き より:

      パチマガ見たら、7枚ベルこぼしってのがあるみたいですよ。
      ハズレの停止型と同じでat中は中押しで判別出来るみたいです。
      ベルをこぼしてるから枚数反映されないのではないでしょうか。
      違うかな???

    2. 匿名 より:

      強敵hpに『差枚数管理型』と記載されている。この『型』がミソで形式とか類(たぐい)の意味合いだから仕方がない。

    3. 風馬 より:

      バトル中、枠緑のスイカ告知で中押しでリプレイ 7 スイカで止まりました………(((・・;)

      凄い違和感を感じて左リールをスイカフォローで止めたらスイカ画面にでず………(((・・;)

      告知ありの完全ハズレって…(*_*)

      継続するのかと思いきやあっさりサウザーに負けました!

      天井 2連 クソですね

      • sauna(管理人) sauna より:

        スイカ告知ありの完全ハズレが本当だとしたら、
        また炎上スレが立ち上がりますね・・・

        ホント、話題が尽きない機種ですね^^


    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ