CRウサビッチ パチンコの時間がリミット機で登場!スペック・ボーダーライン・感想など

公開日:2015年11月12日
最終更新日:2016年5月8日

TOP

どうも!さうな屋 です!
CRウサビッチ-パチンコの時間-
(豊丸産業)
の情報です。

このページでは、
スペック・導入日など
様々な情報をまとめてお伝えして行きます!

下記にて、
随時紹介を行いますので
参考にご覧ください。

※1/6 ボーダーラインを追記
※1/7 初打ち感想を追記

スポンサードリンク

CRウサビッチ-パチンコの時間-

筺体
 筺体
©豊丸産業

スペック

■時短突破型(リミット搭載機)

スペック66VV99VM189L
大当り確率1/66.9
→1/31.4
1/99.4
→1/25.0
1/189.4
→1/46.8
賞球数2&6&8&102&6&7&9&102&6&10&15
確変突入率0%(特図1)
→80%(特図2)
0%(特図1)
→85%(特図2)
0%(特図1)
→90%(特図2)
リミット回数5
5
10
ラウンド3Ror4Ror5Ror15R(8C)
出玉
(払出ベース)
176個or256個
304個or960個
200個or288個
344個or1080個
320個or480個
560個or1800個
時短20回or30回
or60回
64回or84回
or94回
90回or95回
or100回
時短
引戻率
20回:26.01 %
30回:36.35 %
60回:59.49 %
64回:47.65%
84回:57.23%
94回:61.34%
90回:37.9 %
95回:39.52%
100回:41.1 %

※リミットは、通常引戻しでリセットされる。
※独自調査値

★目次へ戻る

ラウンド振り分け

内訳66VV99VM189L
ヘソ
特図1
4R通(20回):80%
4R通(30回):15%
15R通(60回):5%
4R通(64回):85%
4R通(84回):9%
15R通(94回):6%
4R通(90回):90%
4R通(95回):4%
15R通(90回):6%
電チュー
特図2
3R確(次回):35%
5R確(次回):45%
15R通(60回):20%
3R確(次回):35%
5R確(次回):50%
15R通(100):15%
3R確(次回):33%
5R確(次回):57%
15R通(100):10%

※()内は電サポ回数
※独自調査値

ボーダーライン

交換率66VV99VM189L
2.50円24.923.724.4
3.03円23.722.622.9
3.33円23.222.122.2
3.57円22.821.721.7
等価22.221.120.9

 

※算出条件
・実践時間6時間
・電サポ増減なし
・出玉5%減

★目次へ戻る

初打ち感想まとめ

top

別ページにて、
実践報告(感想・評価)をまとめました。
⇒【実践感想】みんなの初打ち結果・評価。

導入日・販売台数

予定日
・2016年1月4日
導入予定数
・5000台


★【最新版】新台スケジュールはこちら

PV・実践動画

YOUTUBEにて、
関連動画が公開されています。

①動画時間【0:32秒】

tokyopachiTVさんの動画です。


②動画時間【9:28秒】

AP総研さんの動画です。

所感・感想

豊丸産業の新機種という事で、
どんな仕様で登場するのか注目していましたが、
やはりスペック面が尖っていますね^^

・初当り:100%時短(時短突破型)
・確変中:高継続率
・リミット搭載

このパターンは新しいですね。

管理人のイメージは、
サイボーグ009(ニューギン)+確変リミット+α
といった感じでしょうか??
※過去に同様のスペックはないと思います。

機種の良し悪しは
実機を見ていないので何とも言えませんが、
豊丸産業らしい機種で楽しみです。

豊丸産業とは

パチンコ業界の中でも、独創的な試みを数多く行っているメーカーである。
代表的な所では、盤面全体に広がる7セグを備えたCRデラマイッタ、一般電役
とデジパチを融合し高継続率を実現した「CR奇跡の電役キャプテンロバート」
等が有名である。また2010年代に急速に普及した「V確変タイプ」を最初に
発売した会社でもある。

しかしその独創的な試みがあまりに他社とかけ離れているが故に
「変態メーカー」とまで呼ばれることがある。

引用:wikipedia

公式サイト

豊丸産業では、
特設サイトを開設し
導入に合わせて随時公開していくようです。
是非、公式サイトもチェックしておきましょう!

⇒CRウサビッチ 特設サイトへ

※端末によって見られない場合があります。
※音が出ます

スポンサードリンク

関連記事

タグ

コメントをどうぞ

このページの先頭へ