CRA羽根らんま1/2 男女スペックの2パターンで導入!

公開日:2015年5月18日
最終更新日:2016年5月8日

CRA羽根らんま1/2

↑画像クリックで機種別記事へ↑©SANKYO

どうも!さうな屋 です!
CRA羽根らんま1/2(SANKYO)の情報です。
うちのポチーズ(2014 )、マジカペ(2013)など、
人気羽物機を発売しているSANKYOさんから
新たなる羽物が登場します!

その名を『CRA羽根らんま1/2

大人気アニメとのタイアップですね^^

注目したい点として
女ver /男ver
2パターンのスペックが採用されており、
・安定的な女ver
・荒波仕様の男ver
といった印象ですね^^

特に、
男verに関しては16R出玉約2000個と
近年の羽物の常識を超えていると感じます^^

導入は7月予定と、
もう少し先になりますが楽しみな1台ですねー

下記では、
スペック紹介を行いましたので、
参考にご覧ください。

スポンサードリンク

CRA羽根らんま1/2

▼筐体
Kz54h387x41oeFd1431956412_1431956437
CRA羽根らんま1/2R男

©SANKYO

スペック

CRA羽根らんま1/2

スペックR【女ver】S【男ver】
賞球数3&10&101&10&15
ラウンド数3Ror7Ror16R(9C)3Ror7Ror16R(9C)
出玉
約180 or 540個
or 1350個
約270 or 810個
or 2025個
内訳
16R 1,350個:約39.9%
7R 540個:約24.8%
3R 180個:約35.3%
16R 2,025個:約26.8%
7R 810個:約18.2%
3R 270個:約55.0%

※独自調査値

その他
・1&2チャッカー保留システムあり

役物確率

役物確率R【女ver】S【男ver】
ノーマル約1/21.8
SP約1/4.5
合算約1/14.4
※独自調査値
※個体差がありますので参考程度に

初打ち感想(7/8)

女ver初打ちしてきました!

途中、
中々の荒れようで心が折れそうになりましたが、
確率1/25でなんとか万発届きました。

らんまは、
16R振り分けが大きい為か、
とにかくSPルートが入りません・・・
役物確率が辛いので当然なんですが^^

初回SPルート9連続スルーを味わい、
あまりにも疑問に思い調べて見ると、
『SP確率が約1/4.5!』
なるほどね・・・。

ここを知らないと心が折れます(笑)

ただその反面、
ラウンド振り分け(出玉面)は、
かなり優秀ですね。

安定して16Rが来ますから、
一気に出玉を獲得できますし
保留のおかげで、
連チャンも重ねる事ができますね^^

とりあえず、
玉の動きは面白いし、
役物もなかなか憎い動きをしますから、
かなり楽しめましたね^^
※ハネ2回開放時は、
若干、技術介入できそうですね^^

販売台数・導入日

■販売台数
・4000台
■導入日
・7月6日予定

通常演出

■2つのモード切替可。

・女モード…にぎやかBGM仕様
・男モード…シンプル仕様


■2つのルートが存在。
SPルート
・女ルート(左)…らんまが玉を掴めばチャンス。
・男ルート(右)…らんまの横を抜ければSPルート!
3個以上入賞時は男ルート確定の大チャンス。


■前兆機能(業界初!

前兆予告
前兆予告にて期待度を示唆!
様々な場面を盛り上げる。

ラウンド抽選について

ラウンド抽選
ラウンド抽選はガチ抽選となり、
画像赤枠で囲った2つの関門を突破できれば16R!

玉の流れは、3R⇒7R⇒16Rの順となり
関門に設置されているローターの磁石に玉が付けば
次のラウンド抽選へ!

▼事前に判明している振り分け期待度はこちら。

【女ver】
・16R 1,350個 :約39.9%
・7R 540個 :約24.8%
・3R 180個 :約35.3%
【男ver
・16R 2,025個 :約26.8%
・7R 810個 :約18.2%
・3R 270個 :約55.0%

※ホール調整により振り分けに差が生じる可能性あり。

PV・実践動画

YOUTUBEにて、
関連動画が公開されています。

①動画時間【3:24秒】
SANKYOFEVERTVさんの動画です。

※動画右下に拡大ボタンあり


②動画時間【8:18秒】
Omiya Demasseさんの動画です。

※動画右下に拡大ボタンあり

公式サイト

SANKYOでは、
特設サイトを開設し
導入に合わせて随時公開していくようです。
是非、公式サイトもチェックしておきましょう!

⇒CRAらんま1/2 特設サイト

※端末によって見られない場合があります。
※音が出ます

スポンサードリンク

関連記事

タグ

コメントをどうぞ

このページの先頭へ